挨拶をしてくれる業者を選ぶことがポイント

ニュース一覧

手土産についての基礎知識

女性

手土産の相場や定番品

引越しの挨拶をするときは、旧居と新居どちらの場合も手土産を持参するのがマナーなので、用意する必要があります。予算については高いものを用意する必要はなく、1軒につき500円〜1000円程度が相場となっているため、それを目安にするとよいでしょう。しかし、特別に親しくしていた人やお世話になった人に対しては、予算を多めにして、少し質の良いものを贈るのもよいと言えます。引越しの挨拶の手土産としてよく選ばれているのは、使いきってしまえる消耗品や、個人の好みに左右されないものです。消耗品としては、石鹸や洗剤がよろこばれますし、好みに左右されないものとしては白いタオルやフキンなども人気があります。その他には、お菓子やお茶などもよいと言えますが、食品を贈る場合はアレルギーについても考慮しておくことが必要です。特に卵や蕎麦、そして落花生というのは重い症状になりやすいため、それらが含まれたものは避けておいたほうが無難でしょう。また、引越しの挨拶の手土産には熨斗を付けるべきかどうか迷う人もいるかもしれませんが、熨斗は付けておくのが正しいマナーです。ギフトショップなどで引越しの挨拶をするときの手土産を購入するときは、熨斗をサービスしてくれることもありますが、もらえない場合でも100円ショップなどで手軽に購入することができます。熨斗の書き方は、旧居の場合は「御礼」で、新居の場合は「御挨拶」と上部に書くのが一般的であり、その下に自分の名前を書きます。

Copyright© 2019 挨拶をしてくれる業者を選ぶことがポイント All Rights Reserved.