挨拶をしてくれる業者を選ぶことがポイント

ニュース一覧

気持ちよく作業をして貰う

ダンボール

モチベーションを上げて貰う方法があります

引越し作業日当日は作業する人と顔を合わせることになりますが、こちらから積極的に挨拶をした方がいいかもしれません。相手はプロなので、こちらから挨拶をしなくても手を抜くと言うことは考えられませんが、挨拶をすることによりいつも以上に完璧な作業をしてくれることが期待できます。またこちらから積極的に挨拶をすることにより、引越し作業員が何か困ったときに、依頼者に話しかけやすくなります。そうなると細かいことまで意思疎通ができやすくなり、理想通りの引越しをすることができるようになることでしょう。引越しをする際に作業員に「心づけ」を渡すと、引越し作業員がやる気をなお一層、高めてくれることが期待できます。心づけは、引越しサービスを受ける人が感謝の気持ちを込めて、作業員にお金や品物などを渡すことを言います。現金で渡す場合一人あたり1千円程度の金額にするのがよく、ぽち袋を利用する他には、ティッシュで包んで渡すと言う方法があります。他には飲み物を渡すのも好まれ、一度に飲み切れないことを考えて、缶ではなくペットボトルの方がいいかもしれません。作業に入ってしまうと皆忙しくなってしまうので、心づけは基本的に、作業前に挨拶をする時に渡すのがいいでしょう。引越し作業員の働きぶりをみて判断したい人は、休憩時間や作業終了時に、心づけを渡すと言うことでも問題ありません。現場を指揮している人にまとめて渡すと言う方法もありますが、作業員全員に渡るように、一人一人手渡しするのがおすすめです。

Copyright© 2019 挨拶をしてくれる業者を選ぶことがポイント All Rights Reserved.